本日 38 人 - 昨日 22 人 - 累計 116457 人
サイトマップ

楽器紹介

  1. HOME >
  2. 楽器紹介
画像Mandolin マンドリン


マンドリンは1st,2ndの2つのパートに分かれています。
1stは主に高音のメロディーを担当し、2ndはハモリがメインですが1stより低い音域でメロディーを弾くことも。
人数も多く演奏で特に目立つパートです

画像Mandola Tenor  マンドラテノール

マンドリンよりも一回り大きく、人の声の様な柔らかい音色が特徴です。
主旋を弾くこともあればリズムをとって高音を支えたりとオーケストラのなんでも屋さんです。

画像Mandolon Cello  マンドロンチェロ

マンドロンチェロは主に低音を担当します。
リズムを取りベース音を出して高音を支えるのが主な仕事です。低く深みを持った独特の音色を持ちます。

画像Guitar  クラシックギター

主に低音、リズムキープを担当しています。
指で弾くため、マンドリン系の楽器と違い右手の奏法が多く、また和音(コード)も扱います。
ソロなど、なにかとおいしいパートです。

画像Contrabass コントラバス

管弦楽団や、jazzバンド等様々な場面で活躍するコントラバス。
低音で合奏の土台となる役割を担っており、マンドリンオーケストラでも
欠かせないパートです。